MENU

価値ある素材があります

ゴールドバー

素材を調べてみよう

季節にの変わり目になり、衣替えをすると要らなくなった洋服や雑貨が出てくることがあります。雑貨の中には換金性の高いものもあるので、処分するときには中古品買取業者へ持っていきましょう。雑貨に使用している金属が思いがけず価値があり、高値が付く場合があります。指輪やネックレスが18金や14金でできているのは想像が付きますが、メガネにも高価な金属を使用したものがあります。家族から譲り受けた雑貨の中に不要なメガネがあったら材質を神戸の金買取業者に相談してみましょう。メガネはブリッジといわれる左右のレンズを繋ぐパーツの裏側に素材の表記があります。メガネによっては耳に掛かるテンプルの裏側にK18などの刻印があり、神戸では金買取対象になります。メガネは細かなネジも金で作成されているものも多くあり、自分で確認することが難しいといえます。神戸の金買取業者では、素材の比重を測る専門の機材を使用して調査してくれます。調査時間も短くてすむので手間が掛かりません。メガネは18金や14金だけでなく、プラチナで作られたものもあり、金よりも高値で買取してくれます。メガネの耳に掛かる部分に付いたモダンや装着されたレンズは、業者が分解して調査してくれるので、予めとりばずす手間入りません。神戸の金買取業者をうまく活用して、次の新しい雑貨の購入費用を捻出してみましょう。メガネ以外にも小さな刻印がないか、雑貨は処分する前に確認する習慣をつけるとよいでしょう。

Copyright© 2017 不動の人気を誇るパネライのルミノール1950【高く売るコツとは】 All Rights Reserved.